眼精疲労に良い漢方薬とは

眼精疲労対策として、漢方も有効な手段として注目されています。

目の疲れなどを改善するのに、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や六味丸(ろくみがん)がいい!って言われています。

補中益気湯って名前は、もしかすると聞いたことがあるかもしれませんね。

補中益気湯には目の疲れはもちろんなんですが、体全体の疲れの解消にもいいといわれていますし、お肌の不調にもいい!そうです。

また、六味丸は眼精疲労や夜間頻尿、性機能低下、肌乾燥に効果的といわれています。

特に、体力が低下や免疫力低下なんかにもいいらしいですね。

他にも、漢方では、小建中湯(しょうけんちゅうとう)や清暑益気湯(せいしょえっきとう)などがいい!といわれています。

小建中湯には眼精疲労の原因でもある胃腸の乱れを整える働きがあるので、アルコールをよく飲まれる方におすすめです。

清暑益気湯は眼精疲労をはじめ、夏バテによる食欲不振、倦怠感などにも効果を発揮します。

とはいっても、漢方って確かに効果が期待できるし、副作用なども気にしないで飲めるのでいいのですが、改善が実感できるまでにはちょっと時間がかかってしまうのが、困りものなんですよね。

即効性が無かったり、効果に個人差があるというデメリットも存在しますが、体質によっては劇的に眼精疲労を改善することが可能です。

例えば、以下のような漢方は、眼精疲労に効果的だといわれています。アスタキサンチンのサプリは効果が期待できる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする