鉄分と葉酸は造血に欠かせない栄養で貧血対策!

鉄分や葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血に必須の栄養素です。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠のチャンスが直接的に増えるのです。

タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。それに、血液が増えると血行が良くなるだけでなくホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食生活以外に、よりたくさんの鉄分や葉酸を摂るよう正式に厚生労働省が推奨しています。
鉄分や葉酸の適切な摂取は、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。鉄分や葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加の鉄分や葉酸サプリメントを見極めることも心掛けたいですね。友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、鉄分や葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。
友達はベルタから出ているサプリが一番良いらしいって教えてくれました。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって以前教えてもらったことがあったので、その友達に教えてあげました。友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思います。
多くの効果が認められている鉄分や葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。
それは例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。

特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰に鉄分や葉酸を取ろうとしてしまいます。

そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、注意するようにしましょう。理想としては、1日3食の食事で鉄分や葉酸を十分に摂取する事です。しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。

サプリを利用すれば、一日に鉄分や葉酸をどれだけ摂っているのか一目瞭然ですので、食事を気にする事無く、一日分の鉄分や葉酸を摂取できますから是非試してもらいたいですね。
近年、鉄分や葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。
鉄分や葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素です。

普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事をするのも辛い時がありますよね。そうすると食べ物からの摂取が難しい時もありますよね。そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。

鉄分や葉酸はサプリ等の栄養補助食品を利用することで理想的な量の鉄分や葉酸を摂取できますし、栄養的にも問題ありません。お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

自治体の助成金制度を利用しても、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされるケースが多いです。

その年で諦めろということでしょうか。

むしろ40だからこそ、助成回数を増やしたほうが良いように思います。実は私自身もすでにアラフォーですので、体力と時間とお金のことばかり考えて、ストレスも限界です。
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。

周囲の励ましや期待などが負担となったり、時間的制約による焦りが不妊治療とあいまってストレスになるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。

神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大事かもしれません。
一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。
長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、話を切り出しづらくて、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、そう簡単には妊娠できず、姉に勧められた鉄分や葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。

幸い、早々に下の子を授かりました。不妊の要因としては、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性側要因と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側に原因があることとが考えられるでしょう。

しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男女ともに検査を受けると解決への糸口となるでしょう。親友の話なのですが、妊活していた頃の話だったと思いますが、よく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。その子の話によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全性が高いのではないでしょうか。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かりました。美めぐり習慣は婚活にも妊婦さんにも!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする